阪神め去年の仕返しをしてやる・・・
グチグチグチグチ・・・ ネチネチネチネチ・・・ な、俺的ネットヲチライフ  友達欲しいです。
e0084495_17454038.jpgたとえストーカーとか痴漢に間違われようと自分はほんとはナイスガイなんだと涙ながらに思ってた俺、でも・・・やっぱ社会的客観性の方が正しいのかもな。
今日も人間の友達を探し求めてフクロウブログをふらふらしてんだけど、どうしても、どーしても自分の中に沸々と負のパワーが沸いてきてしまう。
相変わらずフクロウ達は日々涙ぐましくがんばってる、まさにエンターテイナー、いろんな動物ブログを見るけどこれほどブログのネタ作りに心身張って協力してんのはフクロウだけのような気さえしてきた。
別に愛護に興味もないし本来他人事なんだけど・・・なんでなんかな、フクロウは脱力なとこが楽しいと思うんだけどなんであんなにがんばらせちゃうんだろ、普通に可哀想と思わないのがすごい不思議。
で、そんなに嫌なら見なきゃいいんだけどなぜか毎日チェックしてしまう、開いてみたら重くて禿禿に鬱になっても毎日チェックしてしまう。 それでも友達欲しさにコメントのひとつでもいれてみようかなと思ってもいつの間にか呪いの言葉ばかりを打ちつづけてしまっている。
なんかこうナイスガイなはずの俺の中にあった負のパワーというかダークサイドというか、トムとジェリーの悪いトムばかりがみちあふれてくる。 そのうち妬みだして、嫉みだして、自虐的になりだして、なんだかひどくちっぽけでみじめでネガティブ臭爆発な俺になってきて、ナメクジかミミズのような気分になってくる。 ナメクジやミミズは飼うのは楽しいけど流石に自分がなろうと思うほどの変態ではない。
本当は色々お話ししたいんです、飼育論とかスタンスとかおもしろエピソードとか、俺が知ってることとか知らないこととかお互い情報交換して・・・
あー夢のようだ!! でもネット界の負の歴史を見ると冷静な自分でいられる自身がない、やり方しらないけどスパムとかウィルスとかウンコとかいろいろ送っちゃいそうな気がする。 でも でも でも それでもまじでお話したいと思ってる、いろいろ聞いてみたいこととか確認したいこととかがあって、楽しくお話したいのはほんとのほんと・・・なんだけどな。   でも最近不幸の手紙の文面しか考えてないんだよね、みにくすぎる俺。

今日の猛禽 // Ptilopsis leucotis or granti?  アフリカオオコノハズク                        To be continued
[PR]
# by kurayami001 | 2006-02-22 19:12 | ヘタレの叫び
カエル、ナマケモノ、ロリス、マンボウ、フンコロガシそんでフクロウ なんかみんな似てる、大好きだ。
e0084495_434074.jpg
なんだかフクロウ達ががんばってる、ネットに登場するフクロウ達が、ブログに登場するフクロウ達が、みんなスゲーがんばってる。 昔と違って今は猛禽関係のブログもわんさとある、おそらくは空前絶後のプチ盛り上がりになってると思う、そんな中でフクロウ達はチョーがんばってしまっている。
ある個体は迫り来るぬいぐるみと戦ってる、 ある個体は身を投げ出して声色七変化を演じている、 ある個体は身体構造説明の為に逆さまになり、 ある個体は荒波に揉まれながら名所案内をし、 ある個体はお笑い芸人のように 「聞いてないよー!!」 のバンジーを繰り返し、 ある個体は自分の体重の何倍もあるものを毎日ひきずり、 ある個体は怒りと恐怖のポージングをこれでもかというほど披露し、そしてそして多くの個体が公園デビューを待ち構えている。 しかして飼い主さんは毎日最後に、愛と勤勉の精神をブログに綴るのだ  ・・・・・・・・・・だめだ、俺には彼らが変態にしか見えん、いや俺も変態なんだけどあまりにも変態のツボが違ってて、こっちも彼らのフクロウ同様がんばらないと記事を見ることができん。
俺はフクロウのボーっとした所が好きだ、ボヘーっとしたところが好きだ。 ゴミ箱の中で寝たり、三日前の俺のパンツの上で寝たり、なんどとなくパソコンを壊してくれたりとか、 人が飯食ってるにわざわざ目の前に来てペリットを吐いてくれる性格の悪さとか、記念にとっておいた幻の二千円札をボロボロにしてくれた友情とか、 そんなのがたまらなく好きだ、見てるだけで最高幸せになれるし茶碗三杯はいける。 でもあきらかに俺とは違う愛情表現の手段を行使する方々は存在する。 俺はどんな理由にしろ、カメラに対してもしくは飼い主の恣意的行為に対しての威嚇、恐怖、攻撃、回避の写真はどーしても好きになれないし、楽しくないし、殺伐としてて激しく鬱になる、全然おもしろエピソードになってはくれない。

最近はタカ飼いの人のブログも多い、よく見る、はっきり言って楽しい。 なによりも鳥じゃなくって人間ががんばってる、大きなリスクもしょってる、いやもちろん鳥もがんばってんだけど。 たぶんがんばってる同士のブログは、見る方はがんばんなくっていいから、やっぱ楽しいんだと思う。
でもちんぽこばっかのブログをやってる奴が言うことじゃないのかも。 もちろん全部のフクロウブログが自分とは趣味が合わないってわけでもない、楽しみにしてるブログさんもある、特に最近見つけた某ブログには脱帽、正直まいりました。
まさしく一方的ではありますが楽しまさせてもらっています ・・・・・楽しそうだなあの飼い主さん。

今日のボロ雑巾 // Otus choliba スピックスコノハズク なんだけど・・・                          To be continued
[PR]
# by kurayami001 | 2006-02-10 09:00 | ヘタレの叫び
本文中あえて差別的表現を使っています、なんちゅうかその・・・気を悪くされた方すんませんです。
e0084495_1193479.jpg
この業界にはあきらかに差別が存在する、細かいとこ突っ込むといろいろ沸いてくるけどフクロウマンセーの俺なんかが一番味わった差別は、
「何飼ってんの?フクロウ!?あんなの女の飼うもんだよ」 「フクロウ飼ってんだ、で鷹はいつ始めんの?」 「狩りに使えないじゃん」 「鷹に比べりゃ楽だよね」 「部屋飼いでしょ?」 「フクロウ?プッ」・・・  ムガーーーッ!!なんだよなんだよよってたかって!! フクロウはダメなんか?そんなダメなんか? なにか?猛禽やってりゃ必ず鷹に行かなきゃダメなんか? 狩りをするのってそんな偉いんか!! と、血の叫びを発したくも、大抵そういうことを言う人は怖い風貌をしてるんで、いつもヘラヘラとうなずいていた真性へタレの俺がここにいます。 でもまあ最近はあからさまにそういうこと言う人は少なくなってきたのかな。それにフクロウ飼い全般で見ると、言われて心当たりとか自業自得の部分も無きにしも非ずだったり。
ただ、あいかわらず耳にしたり、ネット上とかでも目にしたり、なんだか漂う空気を感じるのがチョウゲンボウに対する差別、多分すごく根が深い。
海外とかはどうかは知らんけど、日本だと “初心者が飼うもの” “女子供が飼うもの” “やがて来たるラージファルコンへの練習台” ってのがなぜか前提条件だったりする人達がいる。 やっかいなのは、もう見るからにいじわるそうな人がそういうこと言うんじゃなくて、ショップの人だったり、
物腰ジェントルマンだったり、普段アドバイスをもらってる先輩、仲間だったりすること。 俺みたいなヘタレは面と向かって反論できない。
失敬だよもう!! なんでチョウゲンボウを極めようとしたらダメなんだ? なんで軟派な付き合い方をしたらダメなんだ? なんで当然のように 「次はラージファルコン」 に行かなきゃだめなんだ? いーじゃん別に、“チョウゲンボウ” をやりたいんだよ、ほっといてよ!! だいたいチョウゲンボウってそんな甘いもんなのか? リスクもハードルもいろいろ高そうで、難しそうじゃん!!
それにさ、チョウゲンボウって陽気でかわゆいから俺はそれだけでオケなの、アメリカチョウゲンボウも大好き・・・こういうこと言うからダメなのか?

と、偉そうにバカがぶっこいてますが、俺は昔こう思ってました、 「オオタカを飼ってる人ってのは、きっと唐獅子模様もしくはラメラメのジャケットとか着てて、金々ジャラジャラを身に付け、アジアアロワナを飼っている」    ・・・いや、もう今は思ってません。

今日の猛禽 // Falco tinnunculus adult male   チョウゲンボウ 雄 ・ 成鳥                    To be continued
[PR]
# by kurayami001 | 2006-01-25 16:58 | ヘタレの叫び
知人は信じませんでしたが、僕はどーやら5月から6月が発情期のようです。
e0084495_016880.jpg
関係ない人には激しくどーでもいいことだけど、しばらく過去のしがらみと闘ってました、そしたらいつの間にか2006年に、ちくしょーあいつら死ね。
放置してる間にもこんな辺境まで来ていただいた方もいるみたいで、ほんとただひたすらありがとうです、あいつらは今年こそ呪い殺してやります。

新年早々格好つけたってしょうがないんでとりあえず断言、俺はオ○ニーが大好きだ、激しく大好きだ、それなりの歳ではあるが激烈に大好きだ。
大好きなんだけどこの時期はきつい、たぶん人によって事の作法は違うと思うけど俺の場合下半身は全部脱ぐ、だからよけいにきつい、冬はダメ。
特に今年は寒すぎて全然集中できん、おサルさんには悲しすぎる。
で、そんな時に飼いたくなるのがメガネフクロウ。あの怪しく漂うぬる~い感じとゆる~い感じは、なんだか部屋の温度を上げてくれそうでうれしい。
アンド あのなんちゅうかベトベト感とシットリ感は乾燥からも俺を守ってくれそうな気がする。 それにどーなんだろうか、オ○ニーしてる時、例えば同居個体が同じ南国でも、アフリカオオコノハだったりすると、すごい視線が気になるような気がするし、ルーファスなんかは速攻突っ込んでくるような気もする。 逆にけがれなきキラキラお目目のインディアンなんかには、変態がセクハラをしてるようで罪悪感が沸いてくる。
その点メガネはいい!! なんだかいつも幸せそうだし楽しそうだ、正直何考えてんのかさっぱりわからん、ある意味変態。 だからこっちがいくら変態的行為を晒してもおそらくはメガネも変態仲間だから気にしないんじゃないだろうかとか思ったりもする。  メガネフクロウ グッジョブ!!
でも高いなーメガネ、冬のオ○ニー対策で買うには高すぎる、いや別にオ○ニーとは関係なく欲しいんだけど。 できれば卵からやりたいな。

最後に母ちゃんにこの場を借りて切実なお願いがあります。 口をすっぱくして何度も言ってますが、頼むから俺の部屋に来る時は “ノック” をしてください、もうこれ以上あなたの息子にトラウマを与えないでください・・・・・お願い!!

今日のぬらりひょん // Pulsatrix perspicillata メガネフクロウ                               To be continued
[PR]
# by kurayami001 | 2006-01-20 14:26 | ヘタレの倒錯世界
放置プレイってドキドキするね PART 2
e0084495_19321898.jpg
フクロウは可愛い、もちろんとがった鷹達も可愛いけど丸コロフクロウはわかりやすく可愛い。 カニバ的、且つありがちな表現だけど、食べちゃいたいくらいだ。 でもほんとに食べちゃったらいなくなっちゃうんで、その反動かどうしても可愛がり方が変態的になってしまう、いや俺基準だけど。

とにかく俺はフクロウちゃんと遊びたかった、揉みしだきたかった、一緒にグニョグニョしあいたかった。 ただ相手は空気が読めない奴らだ、遊ぼうと思っても能動的な言わばS的な楽しみ方は当然のように無理。 で考えに考えたら答えでました、 「逆に俺がいじめられればいいんじゃん!!」。 うん自然だ、 “Mになっちゃえばフクロウちゃんと遊べる!!” といった答えになってしまうのは至極自然な流れだ、うん絶対自然。
そんで一人暮らしだった俺の場合、もちろんこれも自然な流れなんだけど、他人には見せられないようなM的チャレンジに当然の如くなってしまう。
とりあえず裸になってみる、寝っ転がって腹の上に丸めたティッシュを転がす、取りに来る、嬉しい。 全裸体をペタペタと歩かれる感触がGOOD。
足の指をピコピコさせる・・・おー反応してる!! 舌をレロレロさせる・・・おー反応してる!! ちんぽこをプルプルさせる・・・おー反応してる!!!
でね、どーしてもここまでやったら、ほんと下品で申し訳ないんだけど、俺の  “漢” が元気いっぱいなとこを、フクロウちゃんに見せたくなっちゃう。
でまたこれがちゃんと見てくれるんだよな、偉いぞフクロウ、なんか心が通じた気がする・・・・・
というような遊びをよくやってたな、うん楽しかった。 思うに女王様と下僕っていうのがフクロウとの正しい付き合い方なんじゃないっスかね?
っつーか、これは人間の友達をつくれよって話だな。

今日の猛禽 // Ptilopsis leucotis or granti  アフリカオオコノハズク                        To be continued
[PR]
# by kurayami001 | 2005-11-25 03:23 | ヘタレの倒錯世界
屍骸に群がるシデムシってやつ、名前は怪しいけど幼虫がめちゃかっこいい!!
e0084495_50720.jpg

わかっちゃいるけどパンピー的に見れば、冷凍庫の中にネズミやらウズラやらヒヨコやらの死体が普通につまってるのって変態なのかも、ましてや一緒にアイスクリームとかも入ってて、おまけにそれを好きな女の子とかにペロペロさしてニヤついてたりたりなんかしたら、どーみても言いわけできないな、うん。 で、そうなってくるとだんだんネクロフィリアじみたりしてきて、いっとき俺のフリーザーは種類問わずの動物の死体だらけでした。
それはもう猛禽含めてトカゲやらサメやらサルやら、なんだか得体の知れない生き物やらの死体だらけで、お腹一杯状態。 近所で変態事件でもおこれば、犯人にされても反論できん状態だったっス。 いや正確には死体そのものには興味なくて、中のかっちょいい骨が欲しくて、集めてたんだけど。 死体ってのはあるとこにはあるもんで、交渉次第で世界中のいろんな動物の死体が手に入って幸せな時代でした。  日本っていいな。
で、俺の場合死体だらけの部屋でも平気で飯を食えるようになったのって、やっぱ猛禽と付き合いだしたからで、その前は毛のフカフカなアニマルを餌にするなんて無理ってなもんだったし、死体をさわってさばくだなんてことは、黒魔術の世界のことだって思ってたもんね。 でもやっぱ猛禽ちゃんの魅力ってのは、黒魔術だろうが、真性変態の世界だろうが軽く凌駕するもんで、いつの間にか死体をチョキンチョキンするハサミのメーカーにまで語るようになってたし。 こんな事言うと料理人さんとかに笑われちゃいそうだけど、人っちゅうか動物として確実に次のステージに行けた感じ。
それに今はどーだか知らないけど、前は冷凍っていっても品質にバラつきが多かったから、自分で活を冷凍した方がよっぽどいいもんができたし。
でもなんだろ、なんなんだろ、あのたまにみる不思議ちゃん達、 猛禽やってて、マウスさばくのが云たらとか、内臓とるのが云たらとか、だから私はホニャララ使ってるとか、なんか逆に 「そっちが変態なんじゃん?」 って、言いたくなる不思議ちゃん達が普通にいるんですけど ・・・
う~~~んわからん、いや気持ちはわかるが・・・わからん。 きっとあれだ、出会いに恵まれてないんだよ、うん。 やっぱ骨だよ骨、ザ・ボーン!!
あれかっちょいいから骨に出会う旅に出ればいいよ。 お勧めはオウム系、あのゴッツイ嘴付きの頭骨はめたくそかっちょいいから。

猟期だ!! 狩りをする人獲った獲物の頭どーしてんだろ? 肉ついてなさそうだし、捨ててんのかな? もったいねーっ!! ちょうだいっ!!

今日の猛禽 //       ナッチング!!                                              ... To be continued
[PR]
# by kurayami001 | 2005-11-19 05:43 | ヘタレの倒錯世界
PS 頼むから、頼みますから、頼みまくるから、お願いだから ・・・ (泣)
e0084495_2226190.jpgたぶん俺、この趣味のなかでは保守派なんだろうな。 実際に動物飼ってると、とにかくいろんなチャレンジャーな人達に出会っちゃったりするから己を知るのは簡単だよ。

昔、通りすがりに見つけたショップに立ち寄ったら、鳥かごに3羽のアフリカオオコノハ、そして一緒にゴールデンハムスターが・・・。 一瞬奇跡の瞬間に出会えるかと期待もしたけど、んなわけもなく、いろんな意味で正直な、そのショップのチャレンジ魂に感嘆しちまいました。

昔、ネットで知り合った人から緊急のメールが来たんで急いでひらいてみると、
「ウチのオオコノハの誕生日プレゼントにご馳走をと、ゴールデンハムスターを買ってきたら、怖がって食べてくれません、どーしたらいいですか?」
・・・どーしたらいいかわかんねーのは俺だよ、 もうさっさと宇宙に帰っちゃってください。

昔、行き着けの専門店に全身をムースで固めたかのようなスピックスを発見、店員さんに素性を聞くと、預かり個体なんだけど、飼い主さんは普段フェレットの餌をあげてておまけにフェレット専用ネバネバ栄養剤もかけてたとのこと。 で全身がそのネバネバでカピカピに。
おまけにその人そのカピカピがノーマル状態だと思っていたそう・・・うーんチャレンジャーだ。

猛禽を含めたどのジャンルでもそうだけど、奇奇怪怪なまでにセンスのない人は確実に存在する。 別に俺は自分がセンス抜群だなんておこがましい考えは持ってない、いろんな動物をたくさん殺してるし。 でも人並な、必要最低限なセンスは持ってるんじゃないかとひそかに期待はしている、っちゅうかそうあって欲しいなァ、お願いします。
でも怪奇的にセンスのない人ってのは、当然その人並すらないわけで、そうすると、なんでか突然 “チャレンジャー” になっちゃうんだよね。 でまたこのチャレンジャーな人って強い、
最強無敵!! 「のっけからフリーザかよ!!」 って感じ。 いろんなとこでいろんな人達がたまに戦ってるけど、たいてい負けちゃう、というか絶対勝てない。 でもさこのチャレンジャーな人って、実はめちゃくちゃ自分の動物は好きみたいなんだよな、それこそ変態的なまでに。 自分の動物の為には身銭きって間違いなくベストをめざしてるし、オリジナリティーも豊富。
ある種の啓蒙活動をしてる人だっている。 もしかして実は俺の知らない地下組織とかあってなんかのモニターとか布教活動でもしてんのかな? でも俺みたいな保守派から見ると、チャレンジの対象が意味不明だったり理解不能だったりして、脳みそバーン!!な状態になる。 そんなもんに使命感燃やしてどーすんの? とか思っちゃう。 それでね、別に他人の個体だからほんとはどーでもいいんだけど、特に一部の人には認めて欲しいことが・・・ペットを飼う目的は、 “自分の快楽№1、ペットの幸せどーんとワープで№2” って。 別に悪いことじゃないじゃん、いいじゃんそれで。
でも俺が自己崩壊したくないから 「そう言って!! バーンしなくて済むから、お願いそう言って!!」 とか頼むと、怒られちゃうんだよな・・・(泣)
結構マジな、俺の魂の叫びなんだけどな。

ちなみに、せまい交友範囲ではありますが、今までに出会ったなかで一番チャレンジャーだったのは、 
「うちの子ちゃんがいつもと違う寝方してて、昨日から足を上に向けて仰向けで薄目あけてるんだけど、そろそろおこして餌あげてもいいかな?」
・・・俺はこんな時どーしたらいいんでしょうか? 「死ね」 とか言っちゃっていいんでしょうか? 「出て行け」 とか言っちゃっていいんでしょうか?
それとも、チャレンジャーの住む星を見つけてあげなければいけないんでしょうか?

今日の猛禽 // Ptilopsis leucotis or granti  アフリカオオコノハズク                        To be continued
[PR]
# by kurayami001 | 2005-11-14 02:16 | ヘタレの叫び
ルアーにしようと、餌用鶉の羽を集めてたら虫がわいてました・・・悲しかったです。
e0084495_1392179.jpge0084495_1394652.jpge0084495_1395949.jpg






















今や俺のパソコンはただのエロマシーンと化している、中に入っている情報の90%以上がエロだ   ・・・母ちゃんごめん、道を踏み外しました。
ただわずかな良心として猛禽関係の情報もある。 ここ数年ネットからほとんど離れてたけど、ひさびさに腰すえて覗いてみたらあまりの変わりようにびっくらしました。 いろいろ驚いたけど、一番なのはブログの多さ、今現在で俺のエロマシーンには30以上の猛禽関係のブログが入ってます。 しかもどれも内容濃くてみんなバリバリやってるし、調教の様子や数字なんかも公開してる人もいる、 スゲー!! へたすりゃネット上で右往左往しながら苦労して調教のアドバイスもらうより、読んでる方が役にたったりしそうな気がする。 リアル情報おそるべし!!
でですね中でも驚いたのが道具関係を自作してる方々、

なんか、本物の鯉の鰓で鈴板とか作っっちゃってる方がいるんですけど!!
あれって都市伝説じゃなかったんですか? 空想科学物語じゃなかったんですか? っつーか鯉の鰓なんてどこで手にいれるんですか?

なんか、自分で鈴とか作っちゃってる方がいるんですけど!!
あれって機械とか職人さんが作るもんじゃないんですか? ふつうの人が作るもんなんですか? 鈴にトライする脳ってどんな形してんですか?

足革とかリーシュなんかは自分で作ったりしてたけどそれ以上は買うもんだと思ってた。 他にも和式の道具なんて作っておきながら、サラッとブログで公開したりするだけで終えてとか、信じられん。 『オラー、やったどー!! 見れ見れ!! 俺をすごいと言え、もっと言えっ!!』 ってなぐらい言ってもいいと思うんですが、サラリとだもんなー。 エガケやフードにも挑戦してる人もたくさんいるし、へたすりゃデフォルト扱い、 なんかドキュメンタリーに出てくる、跡継ぎに困った匠な人達ばかりだ、 みんな変だよ!! 絶対変!! ある意味正しい変態!! スゲー!!
で俺も今作ってます、エロサイトから落としたお宝DVDの収納BOXを作ってます・・・ そんな俺をなんとかまともな世界に引き止めてくれて、そして俺のパソコンをエロオンリーから守ってくれているのは、リアルな皆様です、助かります。 でも、俺たぶんエロには負けます(泣)。

今日の猛禽 //   ナッシング!!   変態扱いしてごめんなさい。                                To be continued
[PR]
# by kurayami001 | 2005-11-07 19:14 | ヘタレの叫び
昔、某ショップにいた400万円の白いカラスはどうなったんだろ、いやその某ショップはどーなったんだ?
e0084495_130833.jpg確かに猛禽据えて歩いてるといろんな人らがよってくるんだけど、同時にいろんな動物達もよってきて、いやになる、っちゅーかできるもんなら一蹴りいれてやりたいくらいだ、いやもちろんやらんけど。
犬、猫、カラスetc. 犬なんかは卑怯にもフレンドリーにいやがらせをしてくるし、猫はいつのまにか鳥の背後にいてチャレンジャーになってるし、鳩も人間様をなめくさってるし、あとガキんちょ!もはやアニマルなあいつらを一番蹴ってやりたい、 ってほんと何度もごめんなさい、二度とそんなとこで飛ばさんです。

でおなじみのカラス、石原都知事様なんとかしてくださいよ、都民じゃないけど。
あれはなんだ、なんであんなに不気味なんだ、 集団だからか? 黒いからか?
ゴミを漁るからか? それともあの鳴き声か? 本当に “アホー” って鳴くのか?
それでもハリスとか大型のフクロウを飛ばしてる時だったらまだいいんだけどね。
囲まれてても、見ようによっちゃあカラス軍団のボスに見えるし。
猛禽を知らないギャラリーからはほんとにボスだと言われたことあります。
ただちっこい猛禽を飛ばしてる時は勘弁して。 あの軍団は “いついかなる時も100%” の奴らだから相手が小鷹でも集団でせめてくるし、10とか20とかならまだしも、なんだあの数は、100ってなんだ!! 勝てるわけないじゃんよ!!
昔、無謀にも知り合いのハイタカを半月ほどいじらしてもらってフリーで渡りをやってたら、案の定軍団が・・・真っ黒。 怖くなったんで即行帰ろうと思って拳に呼んだら、そのすぐ後を軍団がはりきったストーカー状態に。
ハイタカはイケイケだったんで気にしてなかったけど、俺はダメダメだったんで泣きそうでした、っていうかマジで泣いちゃいました。 だって絶対つかまって慰み者にされて食べられると思ったもん。 50m程の渡りだったけど人生最長の50mだったな。 もうあんなのはや、なんかハイタカっちゅーよりも軍団の調教をしてるみたいで、それにあいつらみんな殺伐としててやだ。
まあ外で猛禽飛ばしまくってる本物の方達にとっちゃ日常茶飯事のことなんだろうけどバーチャルのへタレにゃきつい。

こないだ朝焼けの中を散歩してたら塀の上でネズミの屍骸をもてあそぶカラスが・・・食べるわけでもなくひたすら銜えたり、足で掴んだりを繰り返してた。 怖かったっス、2~3日寝てなくて俺の脳みそもドロドロ状態で弱ってたからひたすら怖かったっス ・・・・・あいつら、ある意味プロだよな。

今日の猛禽 // Accipiter nisus ハイタカ                                              To be continued
[PR]
# by kurayami001 | 2005-11-04 04:16 | ヘタレの叫び
カズマ、おまえいろいろ騙されてるよ、 大人って汚いな・・・・・。
e0084495_632295.jpgTBSのウルルンが苦手、あのド感動物語にはいてもたってもいられなくなる、なんかお尻の穴がキュッ!としちゃう。 ただたまに鷹匠関係のをやるからチェックはしてるけど。
で、いっつも思うんだけど、巷の人達って “動物と人間は感動物語を作らんとゆるさんっ!!” ってかたくなに思ってるんじゃないかと。 無茶言わんでください、特に猛禽みたいな自己中な生き物、いや絶対ないとはいわんけど当事者にしか感動はないって。
NHKなんかもたまに海外の鷹匠物をやるけどやっぱ同じ、っつーかひらたくいえばやらせなんだけど、なにがなんでも感動させようってするから、 “アラブの鷹匠は役目を終えたハヤブサを次世代の為に野生に返す” とかそういう展開にしちゃうし。
たぶんいらなくなったから捨てたんでしょ、ハイブリットだったし野生にかえしてもなー。
で、俺はもうそういう番組の楽しみは猛禽ちゃん達を見て萌え萌えすることに決めてます、バーチャル野郎には正しい楽しみ方かな。
ウルルンのブラジル編もカラカラのアズマにたっぷりと萌え萌えさせてもらいました。
ちょっとアズマ気ィ狂ってたけど。
そういやこないだやってたNHKのシロフクロウを飯食いながら家族で見てて、ひとりシロフクロウの雛に萌えまくってたんだけど、一夫多妻制のくだりのとこで俺の母ちゃんが、
「金○日みたいだね」  ・・・って

母ちゃん、例えのセンス悪すぎ、生々しすぎるよ・・・せめて萌え萌えはさせてください。

今日のダルマ // Pulsatrix perspicillata メガネフクロウ                                  To be continued
[PR]
# by kurayami001 | 2005-10-31 06:26 | ヘタレのハァハァ



猛禽ちゃん達に囲まれ幸せだったあのころ、やがて来た自業自得のさようなら。 ここは、しょせんバーチャルな世界でしか猛禽を楽しめないヘタレ野郎の、懺悔と呪いと叫びの部屋です。
by kurayami001
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
ヘタレのはじめまして
ヘタレの懺悔
ヘタレの呪い
ヘタレの叫び
ヘタレの魂
ヘタレのハァハァ
ヘタレの倒錯世界
以前の記事
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
more...
本物の皆様へ
こんなとこ見てるかわかりませんが、各所にお礼を。
バーチャル全開の僕がこうして自分のブログで猛禽のイラストを描くことができるのは、まじめに猛禽をやっている方々のおかげです。
特に最近は猛禽関係のサイトや、ご自分で撮られた動物写真を公開されているサイトも多く、
大変に参考にさせていただいております。
また今や老舗のフクロウイラストのサイトさんも、いつも行き詰った時など、どういうふうに処理をしているか等勉強させてもらっています。
本来ならば皆さんの固有名詞をあげて感謝の意をお伝えしたいところですが、
このブログは、気づいたら僕のチンチンだらけになってるんで、ご迷惑をかけると思いこのような形にさせてもらいました。
チンチンまるだしでタカとかすえててごめんなさい。
一方通行ではありますが、これからもみなさんのサイトなど、存分に楽しまさせてもらいます。

管理人  ヘタレ
最新のトラックバック
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
発射する場所
from まげフ
ちょww 時給いくらだよ..
from ふりす
しゃぶりんぴっく!
from 犬コロ
こんぺいでつ。
from こんぺい
主に突っ込み専門のアレ
from つぁん
試写室にてwww
from 暴走
すぐオッキwwww
from こけし
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧