阪神め去年の仕返しをしてやる・・・
カテゴリ:ヘタレのハァハァ( 6 )
夏だ!! もうすぐ夏だ!! ・・・気をつけなきゃダメな季節だな、いろいろと変態には
e0084495_238473.jpgフクロウってばやっぱ怪しい。 著しく挙動不審だ。
挙動不審な点では俺も自身あるけど、多分フクロウには敵わない。
何が怪しいって、いや怪しいとこだらけだなんだけど、
あいつらって・・・ストーカーだよね。 
なんか見つけるとすかさず監視するし、つきまとうし、しつこいし、実力行使もしちゃったりするし、ストーカーだよやっぱ。
ただ・・・悲しいことにストーキングの対象がくだらなさ過ぎる。
いや冷蔵庫の前の飼い主とか餌の用意してる飼い主にストーカーすんならまだ話しはわかる、でもね、

「スーパーマリオのマリオはやめとけ」

なぜにマリオ? せめてピーチ姫にしなよ。
他にも風で動くゴミとかパソコン画面のカーソルとかなんじゃそれ。
100メートルは向こうの洗濯物とか、
なんかわかんないけど部屋の隅とか (これはやめて...怖いから)
しまいにはたこ焼きの上でうごめく鰹節にまで・・・。
なんでそんなくだらないものばかりにストーキングするんだ。
しかもそんな楽しそうにストーカーしちゃダメだ。
俺なんか普通に幼稚園の横を通るだけでも緊張すんだぞ!!
『違うんですこの先に用事があるから通ってんです 子供に興味があるわけじゃないんです!!』
とか捕まった時の為にいつも説明を用意してんのに。
それなのにあいつら俺と違って堂々とストーカーをやる。
しかもストーキングにこだわりも持ってるみたいだ。
「ヘイ! カノジョ!!」 みたいなカラっとしたもんじゃなくて、
「ボ・・・ボク見てますよ、いつまでもあなたのこと見てますから」
みたいな真性なストーカーの香りがする。
ジトーって見つめてはつかずはなれずつけまわす、一所懸命つけまわす、人目を気にせずつけまわす、そしてストーカーアタック。
でもそれゴミだし・・・マリオだし・・・俺のたこ焼きだし。  もちょっと正しいエンジョイストーキングをしようよ。
とか、いつもくだらないものばかりストーキングしてるんだけど、たまに正しいストーキングをしている時もある。
相手はあいつらの大好きな小虫。e0084495_2395857.jpg
特に家ん中によく出る通称 “ピョンピョングモ” ことハエトリグモ。
ちっこいコノハズクからでっかいカラフトにいたるまで、あいつらみんなハエトリグモが大好き、フクロウ達のアイドル。
多分あのピョンピョン跳ねる派手な動きのわりに進まないとこがあいつらのストーカー魂を激しく刺激するんだろな。
見つけたらとりあえずジットリと監視する、でつけ回す、クモが止まれば自分も止まる、でまたつけ回す、超接近してつけ回す、見事だ!!
・・・ていうかもう許してあげなよ、いったい何がしたいんですか。
とか思ってるとやっとその気にストーカーアタック。

・・・でも空振りしてるし
・・・クモ向こうに逃げちゃってるし
・・・で本人全然気づいてないし

う~ん、バカってかわいいな。



e0084495_2403656.jpg // Western Screech Owl  Otus kennicottii
     ニシアメリカオオコノハズク


 // Tropical Screech Owl  Otus choliba
     スピックスコノハズク


 // Spotted Eagle Owl  Bubo africanus
     アフリカワシミミズク


ニシアメリカオオコノハズク、自分的には小型なのにアフリカオオコノハとはまた別のゴージャスさがあって好き。
それに性格変だし、奇行だらけ。
ヒガシアメリカオオコノハズクの赤いやつも見たいんだけどな、
どっかでブリーディングしてないんかな。


To be continued...
[PR]
by kurayami001 | 2006-06-22 03:46 | ヘタレのハァハァ
山形の匠様のサイトに繋がらず “まさかっ!!” のいけない予感・・・ 移転してたんスね。
e0084495_14214460.jpg
もうモンゴルの鷹匠さん達がたまらんのです、めちゃくちゃカッコイイっす。 こないだNHKの『ダーウィンが来た!』(なんとかしてこのネーミング&ふざけた構成)でやってたイヌワシ、本編はしょぼかったけどモンゴルの鷹匠さんがちらっと映ってて俺はもうそれだけで大満足。
元々はそんなにイヌワシって好きじゃない、何事も形から入るバカな俺は当然鳥の好みもビジュアルから入る。 英名は “ゴールデンイーグル”っちゅう惜しげないゴージャスさ、でもビジュアル的にはなんとなく地味な気がする。 茶色一色で羽の生え方も大雑把に見えるし、タテガミ?もゴールデンって感じがしない。 それに年がら年中換羽し続けてるイメージがある・・・んだけど、俺の場合これがモンゴルのおっさんとセットになって登場したりすると鬼の最強コンビになってしまう。 かっちょえええ!! 何あのすさまじいかっこよさ!! 質実剛健な鷹匠のファッション、圧倒的なイヌワシの存在感、使い込まれた鷹道具。 日本の鷹匠さんの伝統美ってのもファッション含め好きだけど、いかにも大陸系の大雑把なスタイルはたまらん。
“イヌワシを据えながら馬に跨った鷹匠一族、逆光の中丘の上を空をバックに進む、カメラワークは当然ローアングル”・・・というベタな演出をTVは必ずやるんだけど、俺なんかはまんまとその手にひっかかりまくってる、馬もサラブレッドじゃないとこがいい!!
確かに言われてみれば鳥がヘロってるようにも見える (俺は言われんとわからんけど) 扱いもめちゃ荒いし、羽もバキバキになってたりする。
昔TVでやったらしい 『日本の鷹匠 vs モンゴルの鷹匠!!』 ってなビデオを見してもらったことがあるけど、そこのモンゴルの鷹匠達は 「獲物を獲るには狩りの前に鷹の胃をきれいにしないとダメ」 と力説し、信じれんことに鷹に薬品を飲ませ無理やり嘔吐させてた。 日本の鷹匠さん怒ってたし。
狩りのことはよくわからんけどもしかして
e0084495_18405918.jpg鷹をリアルにやってる人達から見たらレベルの低いとこなのかもしれない、
おっさん達鼻毛とかもよく出てるしね。
でもでもでもそんな事は俺にとっちゃーどうでもいい!!
鼻毛なんか俺も出てる!!
それに細かい事は脳内変換機能でどうにでも脚色可能!!
あのおっさん達はチンギス・ハーンの末裔に違いないんだ。 で一族を滅ぼした赤カブトと戦ってるに違いない。 そしてクライマックスは大陸中から集結した歴戦の鷹匠とイヌワシ達が使命の為に犠牲になりつつ最後はイヌワシの中に脈々と伝わる幻の必殺技とかを繰り出しちゃったりして赤カブトの首を切り落とすんだ・・・燃える!! で第二章がノロイ編で、ある日村に傷だらけの幼ワシが現れ以下略 燃える!!

俺にとってのモンゴルの鷹匠さん達はそういう痛い変換が普通にできる方達だ。 でもリアルに戻っても他にもいろいろかっちょいいもんがある。
昔やったNHKのキルギスタンのに出てきたおっさんの飼ってるイヌワシの名前は 『青いムチの英雄』 ・・・だめだしびれる。 この神センス、恥ずかしげも惜しげもなく連打してくる漢の文字、奮えます。 それに比べこないだのダーウィン、 『大五郎』 でした(泣)・・・この埋めがたい差って・・・。
あとたまらんのは道具類、いちいちかっこいい。 特にフードが最高、通称は知らないけどTVじゃ現地の言葉でトモゴとかトマガとかで紹介されてた(この響きもいいよな)。 何がいいって無骨さと統一感の無さがいい。 ぶ厚そうな革でタコ糸みたいなん使ってたりする、飾りつけも金属の鋲を多用してたり硬派だ。 人によって形が違う、パターンから違うっぽい。 傷だらけで補修だらけで、でも使い込まれてる感も最高。 顎紐?の部分に巻かれてるボロボロの布もかっこいい(なんで巻いてんだろ?) でもこの辺の荒さ達がいろんな妄想を掻き立てる。
きっと先祖代々使ってるフードで 「父ちゃんこのフードちょうだい!!」 「ハッハッハお前にゃまだ早い」 で猟に出た父ちゃんは 「この猟が終わったら俺も引退だ」 とか 「この猟が終わったらでかくなった息子にこのフードをやるんだ」 とか遠い目をして死亡フラグいっぱい立てつつ子に引き継ぎ。
                                                           かっちょいい!!
e0084495_18413124.jpg他にも構造がいまいちよくわからない鬼のような足革とか、呼び餌にウサギの足を使ってたりとか、なんの飾り気もないでかいグローブとか・・・なんかこう生活の中から必要に迫られてできたものやそこんなかで密かに楽しんでる装飾類とかめちゃめちゃカッコイイです。
でもそんなモンゴルの鷹匠さん達を最高に演出してくれる決め手は、やっぱあのバカみたいに広い草原と紺碧の青空、ベタだけどあこがれる。
叶うもんなら一度あそこで暮らしてみたい。
でもなー、俺コンビニとレンタルビデオがないと生きてけないんだよなぁ・・・。

今日の猛禽 //  GOLDEN EAGLE  Aqulia chrysaetos  イヌワシ                          To be continued
[PR]
by kurayami001 | 2006-06-07 18:44 | ヘタレのハァハァ
キャンディーズ解散から今日でちょうど28年、スーちゃんが好きでした・・・でも今やおばちゃん。
e0084495_6112366.jpg今見たらなくなってたけど、昨日までビダオクで売られてたコキンメってただのコキンメと違うじゃん、俺のアイドル インドコキンメ じゃん!!(多分)
オークションで鳥を買う気はないけどインドコキンメだったらそれをおしても・・・でもあの幼鳥どう見てもワイルドだし、もしかして買ったら怒られる?
独断かつ偏見かつ極私的感情で断言すれば、フクロウの中でビジュアル的に一番萌え萌えしてんのがインドコキンメだと思う、ちっこくってホワホワしてて、でもしっとりべっとりとした感じがまたグッドでまさにかわい子ちゃん(死語)、なによりもコキンメ属なのに悪い顔をしてない!!
人間界であればおそらく犯罪されちゃう率が一番高いんじゃないだろうか、少なくとも俺は絶対ハァハァする、絶対する。
で調子こいて私的3大ハァハァ系フクロウをあげれば、俺の場合このインドコキンメとアフリカヒナフクロウ、アメリカキンメフクロウがトップ3だ、もう確実に俺をメルヘンの世界に引きずり込む。
聖子ちゃんがトイレにいかないように、こいつらもあのネバネバウ○コは絶対しないはずだ。
でもいざ欲しいと思ってもどれもなかなか手に入らない、かろうじてアフリカヒナはなんとかなりそうだけど。 そういえばインドコキンメは富士国際花園に海外CBがいるけど、あれもったいないな、繁殖させてよ、ついでに言わせてもらえばもっとフクロウを大事にしてくれ、うそでもいいからせめて写真ぐらい可愛く撮ったげてくれ。
でアメリカキンメなんだけど悲しいことに生を見たことすらない、キンメならあるけどあれは萌えじゃなくて真逆の妖怪系だしな、好きだけど。 国内には多分飼ってる人いないだろうけど海外にはブリーダーさんはいるみたいだしどちらかのショップさんなんとかしてくんないかな。 ただアメリカキンメ、俺的には萌えビジュアルなんだけど、北方系のご多分に洩れず性格がアレらしい・・・ちっちゃいモリフクロウかぁ。 でもモリフクロウ系って、プリントだったらまさにツンデレ的ツボにはまるし、うん、やっぱこれもまた萌えまくりだな。 俺いろんな属性持っててよかったよ、ハァハァしようハァハァ。
あー、ナンベイヒナフクロウとインドオオコノハズクもいれたかったな、まあいいや所詮オ○ニーブログだしいきあたりばったりで。

今日の猛禽 // left    Strix or Ciccaba woodfordii アフリカヒナフクロウ   種名の woodfordii ウッドフォーディーがかわいい
           center Athene brama           インドコキンメフクロウ  両さんみたいな眉毛?がかわいい
           right   Aegolius acadicus        アメリカキンメフクロウ  特に幼鳥時代の可愛さは最強  To be continued
[PR]
by kurayami001 | 2006-04-04 09:58 | ヘタレのハァハァ
コキンメの名の由来はキンメより小型だから 『コ』 キンメってのがFAでほんとにいいのかな?
e0084495_22281141.jpg
あっちでシャカシャカ向こうでキャンキャン、いろんな奇行で笑かしてくれる悪~い顔のフクロウ コキンメ。 個人的にコキンメ程飼い甲斐あって、楽しみ方の幅が広く、飼ってておもろいフクロウはいないと思う・・・んだけど、一部であまりにも評判悪すぎ且つかわいそすぎて、涙ボロボロ。
なんかフクロウ飼育の負の歴史を一身に背負ってる気がする。 鳥かごに始まってある意味オリジナルとなりつつあるフクロウ流のセオリー無視の調教、そして・・・ でもなぜか死因は原因不明と断定、多分一番多く死んでる種類なんじゃないかと。 やがてコキンメは神経質で警戒心が強く飼い辛いってイメージが、で一部のチョイ置きショップじゃそのイメージを自分達の知識、技術、努力不足の言いわけに使い、客に引継ぎ悪循環。
確かにフクロウってよりも、むしろハイタカ属に入れたい気分、鳥かごで飼われるハイタカ・・・恐ろしいな。 きっちり楽しんでる方達にとっちゃ何をわかりきったことをって感じだろうけど、本当は面白いフクロウなんだよね。 以前へたくそながらワイルドに調教バリバリして楽しんだことがある、とは言っても室内オンリーなんで大したことはしてないけど、代謝が高い種のせいか流れにのるとサクサク進んでめっちゃおもしろい、元来調教入りやすい種だしやっててあんなに気持ちいいフクロウはないんじゃないかって思う。 高速で飛んできて拳の手前でホップ、一瞬気を付けと女の子座りを足して2で割ったようなポーズ、このポーズがまたかわいいし、そこからストンと手に降りて来るこのストンもまたかわいい。 とにかく一連の行動がサクサクキビキビしてて気持ちいいし、俺みたいなしょぼい奴でもにわかトレーナー気分を満喫できる。 でもコキンメは良質のプリント個体が手に入り辛いんだよね、海外からCBインプリントのふれこみでいれてもコキンメの場合なめられてんのかふざけたプリントばかりらしいし。
去年はネット上で怖ろしい日齢のワイルド個体を見たけどこの昨今流石にちょっと。 今は僅かしかないけど国内CBがやっぱ一番いいのかな。

妄想がひとつ、いつかやってみたいコキンメでの “バッタ猟” ヘタレの俺にゃ雀とかは到底無理だけどバッタならどーなんだろ? バッタっていってもトノサマバッタなんかは結構おもしろい気がする、なんたって仮面ライダーのモデル、ビジュアル的にもボリューム的にも申し分ない、結構長距離跳ぶしね、まさにスポーツハンティング。 で、獲物は佃煮にして食べればこれで俺も憧れのハンター&ネイチャリストの仲間入り、やったね。

今日の猛禽 // Athene noctua  コキンメフクロウ                                        To be continued
[PR]
by kurayami001 | 2006-03-03 00:27 | ヘタレのハァハァ
カズマ、おまえいろいろ騙されてるよ、 大人って汚いな・・・・・。
e0084495_632295.jpgTBSのウルルンが苦手、あのド感動物語にはいてもたってもいられなくなる、なんかお尻の穴がキュッ!としちゃう。 ただたまに鷹匠関係のをやるからチェックはしてるけど。
で、いっつも思うんだけど、巷の人達って “動物と人間は感動物語を作らんとゆるさんっ!!” ってかたくなに思ってるんじゃないかと。 無茶言わんでください、特に猛禽みたいな自己中な生き物、いや絶対ないとはいわんけど当事者にしか感動はないって。
NHKなんかもたまに海外の鷹匠物をやるけどやっぱ同じ、っつーかひらたくいえばやらせなんだけど、なにがなんでも感動させようってするから、 “アラブの鷹匠は役目を終えたハヤブサを次世代の為に野生に返す” とかそういう展開にしちゃうし。
たぶんいらなくなったから捨てたんでしょ、ハイブリットだったし野生にかえしてもなー。
で、俺はもうそういう番組の楽しみは猛禽ちゃん達を見て萌え萌えすることに決めてます、バーチャル野郎には正しい楽しみ方かな。
ウルルンのブラジル編もカラカラのアズマにたっぷりと萌え萌えさせてもらいました。
ちょっとアズマ気ィ狂ってたけど。
そういやこないだやってたNHKのシロフクロウを飯食いながら家族で見てて、ひとりシロフクロウの雛に萌えまくってたんだけど、一夫多妻制のくだりのとこで俺の母ちゃんが、
「金○日みたいだね」  ・・・って

母ちゃん、例えのセンス悪すぎ、生々しすぎるよ・・・せめて萌え萌えはさせてください。

今日のダルマ // Pulsatrix perspicillata メガネフクロウ                                  To be continued
[PR]
by kurayami001 | 2005-10-31 06:26 | ヘタレのハァハァ
いつかは ハァハァ したい猛禽  オオタカ
e0084495_23593547.jpgそういやもうすぐ狩猟シーズンだなァ、鷹飼いの人達が殺気立つ季節だ、一番使われてんのはオオタカなのかな、
オオタカってカッチョいいよな、現在バーチャル爆進中の俺にはあこがれの猛禽だ。
でも、なんか怖くもあるんだよね、いろんな意味で。

もともと猛禽にかぎらず動物とはまったりと付き合うのが好きだから、オオタカなんか飼ったもんなら間違いなく泣いちゃうことになるような気が、狩り自体にも動物殺すことにもなんの抵抗感もないんだけど。
でも一番躊躇しちゃうのはオオタカにはなんか宗教っぽさを感じちゃうからなのかな。
よく日本人って米に信仰のような感覚を持ってるって言うけど、猛禽飼いの一部にもおんなじような感覚があるような気がする、オオタカ飼ってても飼ってなくてもね。
へたなこと言ったりするといろんなとこから袋叩きにあったりもするし、
中には 「オオタカを飼うということはっ!!狩りというものはっ!!」 とか一方的にその人の価値観を押し付けてくる時もあるしね、 「お前はアルカイダか!!」 ってヒンシュクかいそうなツッコミのひとつも入れたくなっちゃう。
でも今は昔に比べたら猛禽飼うことも、個人が狩りをすることもハードルが低くなってるけどそうしてくれたのもそういった俺にとっては宗教を感じさせる人達なんだよね。
それに考えたら仲良し小良しである必要もないしね。
お巡りさんなんかもそうだけど、みんながみんな “隣のお兄さん” みたいになっちゃうのも問題だよ、お巡りさんは、やっぱいざとなったらピストル抜いて欲しいし。
そっか、逆に考えたら選択肢が広がったとでも考えればハッピーだな。
伝統文化としての付き合い方、獲ってなんぼの付き合い方、獲れなくったって構わないって付き合い方、萌え~~~なだけの付き合い方、とか etc.
昔に比べたら夢のようなんだろうな。
というわけで、俺もとりあえずはハァハァしとこ。


今日の猛禽 // Accipiter gentilis オオタカ       To be continued
[PR]
by kurayami001 | 2005-10-05 00:46 | ヘタレのハァハァ



猛禽ちゃん達に囲まれ幸せだったあのころ、やがて来た自業自得のさようなら。 ここは、しょせんバーチャルな世界でしか猛禽を楽しめないヘタレ野郎の、懺悔と呪いと叫びの部屋です。
by kurayami001
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ヘタレのはじめまして
ヘタレの懺悔
ヘタレの呪い
ヘタレの叫び
ヘタレの魂
ヘタレのハァハァ
ヘタレの倒錯世界
以前の記事
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
more...
本物の皆様へ
こんなとこ見てるかわかりませんが、各所にお礼を。
バーチャル全開の僕がこうして自分のブログで猛禽のイラストを描くことができるのは、まじめに猛禽をやっている方々のおかげです。
特に最近は猛禽関係のサイトや、ご自分で撮られた動物写真を公開されているサイトも多く、
大変に参考にさせていただいております。
また今や老舗のフクロウイラストのサイトさんも、いつも行き詰った時など、どういうふうに処理をしているか等勉強させてもらっています。
本来ならば皆さんの固有名詞をあげて感謝の意をお伝えしたいところですが、
このブログは、気づいたら僕のチンチンだらけになってるんで、ご迷惑をかけると思いこのような形にさせてもらいました。
チンチンまるだしでタカとかすえててごめんなさい。
一方通行ではありますが、これからもみなさんのサイトなど、存分に楽しまさせてもらいます。

管理人  ヘタレ
最新のトラックバック
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
発射する場所
from まげフ
ちょww 時給いくらだよ..
from ふりす
しゃぶりんぴっく!
from 犬コロ
こんぺいでつ。
from こんぺい
主に突っ込み専門のアレ
from つぁん
試写室にてwww
from 暴走
すぐオッキwwww
from こけし
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧